From the war on poverty to the war on crime : the making of mass incarceration in America (書籍, 2016) [WorldCat.org]
コンテンツへ移動
From the war on poverty to the war on crime : the making of mass incarceration in America
確認中…

From the war on poverty to the war on crime : the making of mass incarceration in America

著者: Elizabeth Kai Hinton
出版社: Cambridge, Massachusetts : Harvard University Press, 2016
エディション/フォーマット:   紙書籍 : Englishすべてのエディションとフォーマットを見る
概要:
"In the United States today, one in every 31 adults is under some form of penal control, including one in eleven African American men. How did the "land of the free" become the home of the world's largest prison system? Challenging the belief that America's prison problem originated with the Reagan administration's War on Drugs, Elizabeth Hinton traces the rise of mass incarceration to an ironic source: the social  続きを読む
評価:

(まだ評価がありません) 0 件のレビュー - 是非あなたから!

件名:
関連情報:

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

ドキュメントの種類 書籍
すべての著者/寄与者: Elizabeth Kai Hinton
ISBN: 9780674737235 0674737237
OCLC No.: 1120396894
物理形態: 449 pàgines ; 25 cm
責任者: Elizabeth Hinton.

概要:

How did the land of the free become the home of the world's largest prison system? Elizabeth Hinton traces the rise of mass incarceration to an ironic source: not the War on Drugs of the Reagan  続きを読む

レビュー

ユーザーレビュー
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

まずはあなたから!
リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.